なりたい!しりたい!警察官
ホームリンクサイトマップ

警察学校

警察官採用試験を突破して、見事合格すると、巡査に任命されて、全寮制の警察学校に入校しなければいけません。
警察学校で必要な基本的な知識と技能を学びます。
大学卒業者は6ヶ月、短大卒や高卒などのその他の者は10ヶ月、警察学校で規則正しい生活を送りながら、様々なことを学んでいきます。

警察学校の1日

警察学校の1日は、規律に始まり、規律に終わります。

朝は6時半に起床し、身支度を整えて、国旗を掲揚します。その後体操とランニングを行ってから朝食になります。
授業は朝9時からで、お昼休みを挟んで午後からも行われます。
夕方17時半には夕食になります。少し早いかな?と思いますが、規律正しく、夜の消灯も23時と早いので、ちょうどいいのかもしれませんね。夕食のあとは、自主トレをしたり、読書をしたり、入浴をしたり、各自思い思いに過ごします。

警察学校で学ぶこと

警察学校で学ぶことは、警察官としてとても必要な知識と技術です。
集団生活を送り、仲間との友情や絆を強くしながら、警察官として現場で働くことを夢見て、警察学校で学ぶことをしっかりと身につけなければいけません。

法学

警察官は、法律に基づいて職務を執行しなければいけません。法律に基づいて、職務質問、検挙、逮捕などを行うので、法律をよく理解していなければいけません。
法律を執行するためには手続きが必要で、その方法を知らなければ警察官の仕事ができないでしょう。

法学の授業では、警察官の仕事に直接関係してくる憲法、刑法、刑事訴訟法、警察官職務執行法などを中心に学んでいきます。
地域、生活安全、刑事、交通などの法律知識を身につけ、様々な書類の作成法や実務知識を修得します。

英語

英語が必要なのは、外国人の犯罪が増えているから? それだけではありません。日本で暮らす外国人も増加してきていますし、観光客も増えています。英語で道案内や交通安全指導をする必要性も出てきました。
言葉が通じなければ困ります。

もちろん犯罪に関しても、外国人犯罪者に対して、職務執行に必要な英語もあります。横領や窃盗などの犯罪名をなんと言うか知っておかなければ、逮捕状の執行や、調書を作成することができません。
英語の実力はTOEIC試験で測られ、成績が優秀な者は、外国人犯罪者の取調べのときに、通訳として活躍する『指定通訳員』の候補になることもあります。

パソコン

どんな会社でもそうであるように、警察の内部もOA化が進んでいます。職務上で必要不可欠なものになっています。
パソコン技術の修得はもちろんのこと、パソコンの構造、ハードウェア、ソフトウェアの知識、アプリケーションソフトのお基本操作、インターネットを利用した情報収集などを学びます。

警察実務

市民と一番関わりの多いのが交番勤務です。通常のパトロール以外にも、駐車違反の取締り、揉め事の相談や迷子の相手、酔っ払いの保護や中高生の非行防止など、交番にいると、警察の仕事全てが凝縮されていることが分かるでしょう。どんな事案にどんな対応をするのか、模擬交番を使って実践的に学んでいきます。その他にも、交通、生活安全、警備、情報通信などの授業も行います。

逮捕術

柔道着を着て、胴、面、小手の防具をつけ、逮捕術の訓練を行います。
様々な格闘技の技がミックスされている実践的なものです。犯人の攻撃をかわし、もっている武器を奪って制圧、手錠をかけ連行するといった、逮捕に関する基本動作を身につけます。殉職防止のためにも、全警察官が卒業までに、逮捕術検定において初級に合格しなければいけません。

拳銃

警察官は、凶悪な犯罪から市民を守るため、拳銃を適正に使用する判断と技術を身につけていなければいけません。

警察官職務執行法という法律で、拳銃を使う条件が定められています。卒業までになんども繰り返し訓練を行い、検定の合格を目指します。

柔道/剣道

警察学校では、柔道か剣道を習うことになります。
未経験者でも、しっかりと指導してもらえ、卒業までに初段を取得するのが目標となります。市民の生命や財産を守るためには、制圧逮捕する場面も出てきます。そのためには執行力と精神力が必要になります。

柔道は素手で相手に対応できるということと、自分の精神力を高めることもできます。制圧逮捕するときも、必要最低限の力だけで行えるようになります。

剣道は、凶器を持った犯人とのやり取りに必要な、間合いの取り方を学ぶことができます。剣道では、1点に集中しながらも、全体を視野に入れて対応するということも身につきます。
柔道同様、卒業までに初段取得を目標にします。

▲ このページの上にもどる

警察学校のあとは交番勤務

晴れて警察学校を卒業すると、警察署の地域課に配属され、交番勤務が中心になります。交番での経験は、警察官の仕事全部が濃縮してつまっているようなものですので、警察官としてやりがいのある場所です。
この交番勤務の実績や熱意、能力や適正などを考慮して、白バイ隊員や刑事などの専門分野に進む身とも与えられます。

▲ このページの上にもどる

警察官を目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

前のページ トップページにもどる 次のページへ


若吾Twitterу掩
若吾若с若
| 警察官採用試験 | 警察学校 | 警察の部署1| 警察の部署2 | 警察の部署3 | 警察官の階級 | 警察官の給与 | キャリア組 | 女性警察官 | 世界の警察官 警察の雑学