なりたい!しりたい!警察官
ホームリンクサイトマップ

警察の部署・2

前のページを見て、一つの部署でも、さらにそこから数多くの課に分かれていることが分かるでしょう。
私たちの生活を守るために、様々な部署の警察官が私たちの知らないところで活躍しているのです。
各部署の活動内容を知ることによって、新聞やテレビニュースを見ると、警察の中の、どの部署が関わっている事件なのかが分かります。
そういった意味では、これまでと違う目線で警察のことも見ることができますね。

生活安全部

人々が安全に、安心して暮らすことができるため、市民を脅かす犯罪の解決・予防に努めているのが生活安全部です。

自動虐待、少年犯罪、悪徳商法、環境犯罪、風俗犯罪など、幅広い分野に関わり、その予防、検挙に取り組んでいます。
私たちにとっても身近な警察官ともいえます。

生活安全企画課

ストーカー対策、DV対策などをしながら、犯罪を防止し、安全な地域を作るための啓発活動を行っています。
警備業の認定と指導監督などの行政事務も行っています。

生活経済課

悪徳商法、ヤミ金融などの経済事犯や、知的財産権の侵害になる偽ブランド品の摘発、インターネットを利用してのサイバー犯罪などを担当しています。
フィッシング詐欺などのインターネットを使った犯罪全般も担当します。

少年課

少年少女の非行防止や、犯罪被害から守るために、街頭歩道活動や少年相談、居場所作りなどを少年サポートセンターを中心に行っています。
少年少女に関わる事件全般を担当します。

生活安全特別捜査隊

生活算全部に権限のある事犯全般においての捜査を行います。組織的に行われる事件は、集団捜査力や機動力を必要としますので、この捜査隊は摘発に取り組むことになります。

生活環境課

環境破壊につながる犯罪、廃棄物の不法投棄や希少価値のある野生の動物や植物を違法に捕獲するなどの犯罪や、風俗犯罪、外国人の不法労働などの捜査の他に、猟銃や火薬などの規制を行う行政事務も担当しています。

▲ このページの上にもどる

交通部

パトカーや白バイで、交通違反を取り締まったり、指導したりします。

事故現場の検証やデータ分析など、交通に関係する任務を担当するのが交通部です。110番指令で、素早く変場に駆けつけます。

交通企画課

ソフトウェア開発技術者、中小企業診断士(情報部門)、第一種情報処理技術者、情報セキュリティアドミニストレータなどの資格を持ち、民間で3年以上の職歴のある者になります。

交通安全教育課

市民が交通安全に対する意識を高めるように、民間組織や各自治体と連携し、高齢者だけではなく、幅広い年齢層への交通安全教育や、事業所などへの安全運転管理の指導を行います。

交通規制課

交通の安全、円滑化をはかるため、交通制御センターによる信号機の管理をしています。信号機や標識の設置をするのもこの交通規制課になります。

交通機動隊

恐喝や薬物、賭け事などの暴力団による犯罪捜査や総合対策を行うほか、総会屋などの組織的な捜査も行います。

高速道路交通警察隊

高速道路での違反の指導や取締りを行います。気象状況によって道路状況が悪くなると、速度規制や通行止めなどの規制を行うのもこの高速道路交通警察隊です。

運転免許試験課

自動車運転免許試験を行ったり、更新手続きも行います。国際免許なども取り扱い、教習指導員に対する教習も行います。

運転免許管理課

度重なる交通違反や事故により、運転が適切ではないと判断された運転手の免許停止や取り消しの行政処分を行っています。

▲ このページの上にもどる

警察官を目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

前のページ トップページにもどる 次のページへ


若吾Twitterу掩
若吾若с若
| 警察官採用試験 | 警察学校 | 警察の部署1| 警察の部署2 | 警察の部署3 | 警察官の階級 | 警察官の給与 | キャリア組 | 女性警察官 | 世界の警察官 警察の雑学